言語からの呼び出し

Create!Formは、Windows・Linux/Unix環境において多くの言語から利用可能な帳票作成ツールです。

帳票ツールCreate!Formを利用するメリットは以下の通りです。

  • 完成帳票を確認しながら開発ができる
  • 運用後のデザイン変更はGUIエディタで簡単に修正できる
  • 画像、バーコード、グラフ、外字などの帳票特有の出力をツールにまかせられる

対応言語

Create!Formの主な対応言語は以下の通りです。
各言語をクリックすると、 それぞれの言語で帳票を出力する最も簡単なサンプルコードをご覧いただけます。

Java、JavaServlet、JSP
Python
C、C++
C#
PHP
Ruby
VB.NET
VB
Perl
シェルスクリプト

ランタイム実行の流れ

Create!Formランタイムを利用した帳票生成は次のような手順で行います。

  1. 帳票のデータとなるテキストファイルを生成する。(DBでの実行では必要在りません)
  2. ランタイムを実行するための実行文字列を作成する。(帳票定義ファイルの指定)
  3. ランタイムを実行する。

ランタイムの呼び出しには、主に下記手法を用います。

  • Windowsアプリケーションに組み込む

ライブラリ形式ファイル(DLL)を利用することによって、ランタイム実行用のAPIを呼び出すことが出来るので、C/C++、VBなどで開発されるアプリケーションに簡単に組み込むことが可能です。実行結果の取得(戻り値)や実行ログファイルの出力制御など細かな設定を行うことができます。

Webアプリケーションからの呼び出し

Webに入力された個人情報を元にPDFファイルを表示、印刷するようなWebシステムを構築する際には、ランタイム呼び出し用JavaAPIを利用した呼び出しやCOMサーバーを利用したASPからの呼び出しで実装することができます。複数ユーザーの同時アクセスなど、データの混在の問題を解決すべく、スレットセーフな実行を可能にします。

また生成されたPDF帳票は、クライアント表示・印刷機能を利用することにより、ブラウザ上に表示したり、また表示することなしにクライアント環境のプリンター出力が可能となります。

以下では、Webアプリケーションからの呼び出し方法を紹介しています。

JavaServletからの帳票出力
PHP(Windows)からの帳票出力
ASP.NET(C#)からの帳票出力
ASP.NET(VB.NET)からの帳票出力

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ