帳票ツールのCreate!FormTOP製品情報製品ラインナップノンプログラミング帳票出力システム Create!Form Magicfolder

ノンプログラミング帳票出力 ノンプログラミング帳票出力システム Create!Form Magicfolder

概要

ノンプログラミング!入力ファイルを指定フォルダーに投入するだけ

Create!Form Magicfolderは、監視フォルダーによるジョブの自動実行が行えるシンプルな構成のソリューション製品です。ランタイムを組み合わせることで、用途に合った帳票出力をノンプログラミングで実現することができます。任意の監視フォルダーにデータファイルが投入されたことを検知すると自動でランタイムを実行し、PDFファイルの出力やプリンターへの印刷を行います。
また、各種設定はブラウザーの管理画面に操作アイコンが配置されており、直感的に操作が行えるため、帳票出力業務の拡張や追加を容易に実現することができます。

導入イメージ

Create!Form Magicfolder 利用イメージ

<導入手順>

  1. アプリケーションの運用環境にCreate!Form Magicfolderと1つ以上のCreate!Formランタイムをインストールします。
  2. ブラウザーの管理画面で監視フォルダーを作成し、帳票フォーマットや出力方法を定義します。
  3. 任意のシステムから、データファイルを監視フォルダーに投入します。

以上により、自動的にランタイムが実行され、PDF帳票の出力や印刷が実行されます。

さらに実践的なご利用方法については、以下の関連記事で紹介しております。

帳票のバッチ印刷(大量印刷)
帳票のPDFダイレクト印刷
PDF帳票のメール配信
帳票のFAX送信(ASPサービス型)
帳票のFAX送信(FAXサーバー導入型)

【Magicfolder ホームメニュー画面】

Create!FormMagicfolder ホーム画面

ブラウザー上のホームメニューには「設定」「ログ」「状態」に分かれて操作アイコンが配置されています。

設定
監視フォルダーの設定、帳票やプリンターの確認、その他の詳細設定などを行うことができます。

ログ
Magicfolderや監視フォルダーの稼働状態を確認することができます。

状態
現在の稼働状態の確認や制御ができます。

機能ピックアップ

実行前・実行後フィルター

監視フォルダーのランタイムを実行する前や後にそれぞれ任意の処理を付加することができます。これにより実行前にデータファイルを帳票出力用に加工したり、出力されたPDFを実行後フィルターによってメール送信させるといったことが実現できます。

スケジュール設定

ファイル投入後即時だけではなく、「毎日」「週単位」「月単位」「指定日」から監視単位を選択することができ、指定の時間帯にファイル回収を実行することができます。

パラメーター取得ルール

出力ファイル名や部数、プリンターの指定などをデータファイルのファイル名やファイル先頭行に記述された内容から指定することができるので、データファイルごとに出力する帳票の種類を切り替えることが実現できます。

上位版 Create!Form Magicfolder Plusについて

Create!Form Magicfolderには、帳票出力業務のためのより多くの機能を含めた上位版 Create!Form Magicfolder Plus があります。

【MagicfolderとMagicfolder Plusの機能差】Create!Form MagicfolderとMagicfolder Plusの機能一覧

Create!Form Magicfolder Plusの製品情報はこちら

IBM i(AS/400)との連携について

IBM i(AS/400)と連携を行うためにCreate!Form MF-Join/400があります。 IBM i(AS/400)と簡単にデータ連携し、Create!Form Magicfolderから帳票出力を行うことができます。

IBM i(AS/400) との連携について詳しくは、以下をご覧ください。

IBM i(AS/400)の帳票出力環境をオープン化
IBM i(AS/400)既存の帳票環境をそのままオープン化

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ