帳票ツールのCreate!FormTOP製品情報製品ラインナップSVG(HTML5)による帳票出力 Create!Form Screen

SVG(HTML5)による帳票出力 Create!Form Screen

概要

SVG(HTML5)技術によるHTML入力フォーム帳票の出力

Create!Form Screenは、アプリケーション等の運用環境においてHTML帳票を出力するためのランタイムです。指定されたデータを使用し、Create!Form Designで設計した帳票定義どおりのHTML帳票を生成します。

また、HTML5でサポートされているインラインのSVG(Scalable Vector Graphics)技術を利用することで解像度に影響されないきれいな帳票をブラウザー上に描画することができます。帳票の閲覧にはブラウザーのみを使用し、専用のビューア―やプラグインは必要ありません。様々なデバイス(タブレット、スマートフォン、PC)での閲覧が可能です。

Windows、Linuxのサーバー環境で動作し様々な言語からの呼び出しに対応しているので、各種アプリケーションに簡単に組み込んでご利用いただけます。

導入イメージ

任意のアプリケーションでHTML帳票出力を実現するための基本構成は以下のとおりです。

screen-sys-01.png

<導入手順>

  1. アプリケーションの運用環境にCreate!Form Screenをインストールします。
  2. Create!Form Designで設計した帳票定義を、運用環境に配置します。
  3. アプリケーションから、帳票定義とデータを指定し、Create!Form Screenに出力を指示します。

以上により、HTMLファイルが生成されます。

さらに実践的なご利用方法については、以下の関連記事で紹介しております。

HTML帳票のWebオンライン出力【適用モデル】
HTML入力フォームの出力【適用モデル】

機能ピックアップ

HTML<input>要素の生成

帳票上にHTML<input>要素を配置することができるため、Webサーバーとクライアントデータの送受信システムを構築することができます。

  • テキストボックス、コンボボックス、リストボックス、チェックボックス、ボタンなどHTMLの<input>要素を配置し、入力フォームとして出力
  • カレンダー表示やプレースフォルダー設定、自動計算、フォーマット(数値、%、日付)指定によるユーザーの入力支援
  • JavaScript/CSSの取り込みにより複雑な入力規制なども実装可能
  • 複数ページにマルチフォームでのデータ送信に対応

詳しくは、以下をご覧ください。
入力フォーム【機能】

ツールバー付き表示

  • ツールバーによるページ表示制御により閲覧機能を向上
  • スマートデバイス(タブレット、スマートフォン)利用時にはスワイプやタップなど指操作によるページ表示制御が可能

詳しくは、以下をご覧ください。
HTMLファイル(機能)

画像のURL参照表示

  • 帳票上に表示する画像ファイルの参照先にURLを指定してインターネット上の画像ファイルを表示
  • 画像ファイルを更新する際に帳票サーバー上の画像ファイルを都度置き換えての再作成が不要

詳しくは、以下をご覧ください。
HTMLファイル(機能)

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ