帳票ツールのCreate!FormTOP製品情報製品ラインナップ帳票サーバー連携モジュール Create!Form RemoteObject

帳票サーバー連携モジュール 帳票サーバー連携モジュール Create!Form RemoteObject

特長

帳票出力環境の集約

  • 各アプリケーションサーバーにインストールしていた帳票出力ランタイムを1台のサーバーに集約して共通利用
  • 帳票出力の負荷を帳票サーバーに集約することで、アプリケーションサーバーの負荷を低減

Web APIによる実行

  • アプリケーションサーバーの追加は帳票サーバーに変更なくWeb APIによる連携が可能
  • Web APIによって、帳票ジョブの取得、実行オプションの変更、出力実行を制御

帳票ジョブの再実行

  • 一度実行した帳票ジョブの有効期限を指定してストレージに保存し、ジョブIDを指定して再実行
  • 既に登録されている実行オプションを変更して再実行

概要

分散環境における統合帳票サーバーを構築

Create!Form RemoteObjectは、サーバー分散環境で帳票出力を実現するソリューション製品です。帳票サーバー上で常駐のサービスとして稼動し、WebアプリケーションからのHTTP(もしくはHTTPS)リクエストを受けて帳票出力ランタイムを実行します。このリクエストはWeb APIもしくはJavaのクラスライブラリを利用して行います。

Web APIを利用するとJava、PHP、Ruby、Python、.NET、Javascriptなどのさまざまな開発言語で構築されたWebシステムと柔軟に連携し、帳票を出力することができます。SSL通信にも対応しているので、SSL通信が必須のWebアプリケーションとの連携やクラウド環境上に構築されたWebシステムと安全に連携することができます。

導入イメージ

Create!Form RemoteObject

remoteobject-sys-01.png

<導入手順>

  1. 帳票出力処理を行うサーバーに、Create!Form RemoteObjectと1つ以上のCreate!Formランタイムをインストールします。
  2. WebアプリケーションからHTTP(もしくはHTTPS)リクエストを送信します。

以上により、PDF、Excel帳票の生成もしくはプリンターによる印刷が実行されます。

【対応ランタイム一覧】

Create!Form Cast(PDF出力)

Create!Form Expage(Excel出力)

Create!Form Print(PostScriptプリンター出力)

Create!Form PrintStage(Windowsプリンター出力)

Create!Form PrintStageWeb(Webクライアントプリンター出力)

Create!Form Magicfolderとの連携

Create!Form Magicfolderと連携することで、バッチ実行した帳票ジョブとオンライン実行した帳票ジョブを統合して管理することができます。

remoteobject-sys-02.png

上の図ではアプリケーションサーバーAはサーバーバッチ印刷、アプリケーションサーバーBはPDFを出力するリクエストをそれぞれ帳票サーバーに送信しています。

ブラウザーから管理メニューへアクセス

ブラウザーから、Create!Form RemoteObjectのジョブやプリンターなどの各設定を行うことができます。

remoteobject-cap-01.png

さらに実践的なご利用方法については、以下の関連記事で紹介しております。
PDF帳票のWebオンライン出力(分散環境)
Web APIを利用した帳票出力

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ