帳票ツールのCreate!FormTOP適用モデルPDF帳票のWebオンライン出力(分散環境)

PDF帳票のWebオンライン出力(分散環境)

Webシステム 帳票サーバー

アプリケーションサーバーはクラスタ構成で、帳票サーバーを1台に集約する

Webクライアントのリクエストに応じてPDF帳票を出力する最もシンプルな利用例は、PDF帳票のWebオンライン出力の記事で紹介しました。

Webアプリケーションにおけるサーバー側の処理の中で、帳票作成処理は比較的高負荷な処理です。大量のユーザーによる同時実行が当たり前というケースでは、ユーザーアクセス環境の負荷分散と共に、アプリケーション内部の処理も適切な専用環境に分離することが検討されます。

この記事では、こうした分散環境におけるオンラインPDF出力処理に関するパフォーマンスチューニング、さらに帳票作成機能の一元管理と拡張性保持を適えるためのソリューションを紹介します。

pdf-online-api-sys-01-v11.png

上の図では、Webクライアントからリクエストを受け、各アプリケーションサーバーで以下の処理を行っています。

  • Webアプリケーションがデータを指定してCreate!Formへ出力指示をする(Web API経由)
  • Webアプリケーションが出力結果のPDFファイルをWebクライアントへ返す

このようにPDF帳票を出力する処理はすべて帳票サーバーが行い、アプリケーションサーバーの負荷を軽減します。

帳票作成機能の一元管理と拡張性保持

帳票サーバーは1台に集約されているので、アプリケーションサーバーを追加する場合も帳票サーバーに変更を加える必要がなく、クラスタ構成で構築されたアプリケーションのサーバー数の変更にも柔軟に対応することができます。
各種ランタイムと帳票定義(フォーマット等の定義ファイル)を一元管理しながら複数のアプリケーションで共有できるので、導入コストと管理コストの両方を削減できるというメリットもあります。

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ