可変明細表

表形式の定義に特化した「表オブジェクト」を利用することで、エディタ上で実際の表の形をイメージしながら簡単に定義していくことが可能です。
プログラミングによるデータの整形を意識せずに、自由度の高いレイアウトの帳票出力を実現することができます。

例えば以下のような特徴を持った帳票を作成したい場合には表オブジェクトが適しています。

  • 罫線が引かれた明細データのリストを出力したい
  • データの量に応じてサイズが変わる表を出力したい
  • データを集計して合計の平均を帳票上に出力したい
  • 最初のページだけは上半分を違うデザインにしたい

表オブジェクトを使用することで実現可能な帳票のパターンは大きく以下の4種類に分類されます。

  • 明細(リスト)帳票
  • 集計帳票
  • 繰り返し表帳票
  • 複合表帳票

明細(リスト)帳票

「ヘッダー部分」、「明細(リスト)部分」、(「フッター部分」)からなる帳票です。
明細部分が可変となり、レコード数に応じて罫線が描画されます。

明細(リスト)帳票の詳細は、以下に掲載しております。

機能詳細『明細(リスト)帳票』

集計帳票

レコードを集計して小計や総計を出力する帳票です。指定したカラムの値が切り替ったタイミング、つまり、キーブレイクが発生したときに罫線の表示や集計行を表示します。例えば、「取引先別計」「日別計」といった複数段階に分かれたデータの集計も可能です。

集計帳票の詳細は、以下に掲載しております。

機能詳細『集計帳票』

繰り返し表帳票

Create!Formでは、キー項目毎にレイアウトを繰り返し表示すること、同一デザインの可変表の繰返し表示することが可能です。

例えば下図のように、それぞれの集計表が区切られて取引先の数だけ繰り返し出力される帳票が繰り返し表帳票です。

繰り返し表帳票の詳細は、以下に掲載しております。

機能詳細『繰り返し表帳票』

複合表帳票

1つの帳票内に出力形式の異なる複数の明細票を簡単に定義することが出来ます。 また、個々の明細票に対して異なるデータソースを指定し、帳票を出力することもできます。

複合表帳票の詳細は、以下に掲載しております。

機能詳細『複合表帳票』

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ