パラメーター取得

監視フォルダーに付随する機能です。(監視フォルダーの詳細はこちら

監視フォルダーでの処理内容は、あらかじめ設定しておく方法と、データファイルのファイル名やファイルの先頭行の情報をパラメーターとして受け取り、その指示通りに処理を実行する方法があります。例えば、「sheet_20.csv」という名前のファイルを監視フォルダーに生成すると、そのファイルを使用して"sheet"という帳票を20部印刷する、といったようなことや、ファイルの先頭行にプリンター名を記述しておくとそのプリンターで印刷させるといったようなことが実現できます。

投入するデータが出力処理をコントロールできるため、より柔軟な運用を行うことができます。

Create!Form MagicfolderPlusパラメーター取得機能

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ