VB.NETからの帳票出力

Create!FormはVB.NETから利用可能な帳票ツールです。

この記事では、VB.NETでPDF、HTML、Excel、印刷の帳票を出力する最も簡単なサンプルコードを紹介します。
運用要件に応じた出力形態を以下のタブメニューから選択してご覧ください。

VB.NETからのExcel帳票出力

VB.NET + Create!FormでのExcel帳票生成方法

まず、Create!Formを使ってExcel帳票を生成する手順を説明します。

  1. 帳票開発環境で、帳票定義(デザインやデータとの関連付け)を作成する。
  2. VB.NETアプリケーションより、帳票出力用データファイルを作成する。
  3. VB.NETアプリケーションから、1の帳票定義や2の帳票出力用データファイルをもとに、Create!Form Expage(Excel帳票出力ランタイム)を呼びだし、Excel帳票を出力する。

VB.NETでExcel帳票を生成する

3の、Create!Form Screenを呼び出すVB.NETサンプルコードを以下に記載します。

VB.NETサンプルコード

VB.NETからの呼び出しが簡単に行える.NetAPIを使用してExcel帳票を作成します。

実行パラメーターに、作業ディレクトリ、スタイルファイル、出力ファイル名、入力データファイル名を設定し、Create!Form Screenを呼び出します。

Imports Infotec.CreateForm.Runtime
Imports Infotec.CreateForm.Runtime.Excel

Module Module1

    Sub Main()
        Dim expage As ExpageRuntime
        Dim param As RuntimeParam
        Dim inputStd As InputDataParamStandard
        Dim inputData() As InputDataParam
        Dim ret As Integer

        Console.WriteLine("## Create!Form Runtime Call. ##")

        ' ①実行オプションの設定
        param = New RuntimeParam
        param.WorkDir = "C:\ProgramData\Infotec\CreateForm\11\work\sample\15_Excel帳票"
        param.StyleFile = "O03_UriageJisseki.sty"
        param.OutputFile = param.WorkDir & "\O03_UriageJisseki.xlsx"
        ' ②入力データファイルの設定
        inputStd = New InputDataParamStandard
        inputStd.DataFile = param.WorkDir & "\O03_UriageJisseki.csv"
        inputData = New InputDataParam() {inputStd}
        param.InputData = inputData
        ' ③ランタイムオブジェクトを作成し、のExecute メソッドを実行
        expage = New ExpageRuntime
        ret = expage.Execute(param)
        ' ④ランタイム実行の後処理
        If ret <> 1 Then
            ' エラー処理
            Console.WriteLine("Error Code:" + ret.ToString("D"))
        Else
            Console.WriteLine("Success")
        End If
    End Sub

End Module

このサンプルコードを実行すると、指定したディレクトリにExcel帳票「O03_UriageJisseki.xlsx」が作成されます。

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ