Web APIを利用した帳票出力

HTTPリクエストによるランタイムの呼び出し

Create!Formが提供するREST形式のWebAPIを利用し、HTTP(もしくはHTTPS)リクエストを送信することで帳票を出力することができます。

下の図は、WebアプリケーションからJSONフォーマットのデータをPOST送信してPDF帳票を取得しています。Webアプリケーションが取得したPDF帳票はクライアントPCに表示もしくはダウンロードして、印刷を行うこともできます。

【システム上での利用イメージ】

WebAPIを利用したPDF帳票の出力と帳票印刷-システム構成図

さまざまな開発言語で構築されたアプリケーションから帳票を出力

Web APIを利用するとJava、PHP、Ruby、Python、.NET、Javascriptなどのさまざまな開発言語で構築されたWebシステムと柔軟に連携し、帳票出力を行うことができます。SSL通信にも対応しているので、AWSやAzureなどのクラウド環境上に構築されたWebシステムと安全に連携し、帳票を出力することができます。

また、アプリケーションサーバーと帳票サーバーを分散することで帳票を出力する負荷を帳票サーバーに集約し、アプリケーションサーバーの負荷を低減することができます。

【複数のアプリケーションの帳票処理を帳票サーバーに一元化】

web-api-sys-02.png

適用モデル - カテゴリーTOPへ戻る