帳票ツールのCreate!FormTOP製品情報製品ラインナップPostScriptプリンター出力 Create!Form Print

PostScriptプリンター出力 PostScriptプリンター出力 Create!Form Print

動作環境

以下の情報は、最新版Create!FormV11.1~の動作環境になります。
過去のバージョンの動作環境についてはバージョン別対応OS一覧表をご覧ください。

【Windows】
OS Windows 7、8.1、10
Windows Server 2008 R2、2012、2012 R2、2016
CPU Intel Xeon CPU 2.4 GHz 相当以上
メモリ 2 GByte以上(推奨 4 GByte 以上)
Java / .Net ※1 Oracle Java SE 7、8 (HotSpot) 以上の実行環境
Microsoft .NET Framework 4.5、4.6の実行環境
インストール容量 32bit:27 MByte、64bit:34 MByte

※1:Javaと.Netの実行環境は、帳票出力時に付属のJavaAPI / .NetAPIを使用するときに必要です。

【Linux】
OS [64bit環境]
Red Hat Enterprise Linux 5、6、7
CentOS 5、6、7 ※2
Amazon Linux
Amazon Linux 2
CPU Intel Xeon CPU 2.4 GHz 相当以上
メモリ 2 GByte以上(推奨 4 GByte 以上)
Java ※3 Oracle Java SE 7、8 (HotSpot) 以上の実行環境
インストール容量 11 MByte

※2:CentOSの詳細バージョンについてはバージョン別対応OS一覧表をご覧ください。

※3:Javaの実行環境は、帳票出力時に付属のJavaAPIを使用するときに必要です。

【UNIX】
OS [64bit環境] ※4
HP-UX 11i Version 3 (Itanium 2)
Solaris 10、11 (SPARC)
AIX 6.1、7.1、7.2(POWER)
メモリ 2 GByte以上(推奨 4 GByte 以上)
Java ※5 Oracle Java SE 7、8 (HotSpot) 以上の実行環境
インストール容量 HP-UX:64 Mbyte
Solairs:17 Mbyte
AIX:50 Mbyte

※4:括弧内に記載のCPUでのみ動作いたします。

※5:Javaの実行環境は、帳票出力時に付属のJavaAPIを使用するときに必要です。

仮想環境およびクラウド環境での動作保証について

以下の条件を満たすOS環境がサポート対象となります。

  • Create!Formの動作保証OS
  • 仮想化ソフト製造元またはクラウド環境の提供元によって通常サポートされているOS
  • コンピューター名(ホスト名)が変更されない使用方法

対応言語

Java(Servlet、JSP)、C、C++、C#、.NET、PHP、Ruby、Perl、シェルスクリプト等、様々な言語からの呼び出しに対応しております(詳細は言語からの呼び出しへ)。

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ