グラフ・チャート

Create!Formでは、CSVやテキストといったファイル内の数値データを自動的に解析処理し、さまざまなグラフを描画することが出来ます。
グラフ変数を設定することでグラフを描画することが可能です。

グラフ・チャートのご利用シーン例は以下の通りです。

  • 傾向分析
  • 内訳分析
  • 株価分析

汎用的な帳票シーンから特殊な帳票シーンまで、グラフを使うことによって非常に見栄えの良い帳票をデザインすることが可能です。

Create!Formのグラフの種類

Create!Formで作成できるグラフ・チャートは以下の10種類です。

  • 棒グラフ( 縦、横)
  • 積み上げ棒グラフ( 縦、横)
  • 帯グラフ( 縦、横)
  • 折れ線グラフ
  • 円グラフ(平面、立体、分割)
  • レーダーチャート
  • 散布図
  • 株価チャート(ローソク足、バーチャート、棒足)
  • バブルチャート(XY 図、マトリクス図)
  • 矢印グラフ

Create!Formのグラフサンプル


棒グラフ・折れ線グラフ・レーダーチャート

散布図

円グラフ 株価チャート

グラフ変数のポイント

1.簡単に描画

グラフを描画するために必要な最低限の設定は、以下の通りです。

  • 描画する位置
  • 種別を指定
単純なグラフ表現であれば、Create!Formが自動的に最適な描画設定を行います。

2.高度な詳細設定

複雑なグラフに対応するため、100以上の項目を自由に設定できます。

詳細設定項目の一例は以下の通りです。

  • 配色設定
  • 背景色の設定
  • ラベル設定
  • 凡例設定
  • フォント設定
  • 軸の設定

3.組み合わせ自由

グラフィックオペレータによる描画のため、グラフ同士の重ね合わせや、Create!Formの他のオブジェクト(テキストや画像)との重ね合わせが簡単に設定できます。

4.Create!Form独自のライブラリ

グラフ描画機能は、Create!Form標準機能です。他社グラフ描画ツールを利用する設定や特殊ライブラリ導入の必要は一切ありません。ご購入後、すぐにお使い頂けます。

5.グラフィックオペレーターによる直接描画

描画されるグラフはすべて、ネイティブグラフィックオペレータにより描画されますので、高速かつ、高精度な描画が可能です。また、外部で作成した画像ファイル等は一切利用しませんので、ファイルサイズも非常に小さくなります。

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ