帳票ツールのCreate!Form製品情報機能一覧既存帳票からのフォーム取り込み

既存帳票からのフォーム取り込み

Create!Formでは、帳票のデザインを作成する手間を大幅に省く方法として、既存の帳票を読み込み、Create!Formのデザインツール上のオブジェクトとして 展開する機能を持っています。

取り込み対象のファイルは以下のとおりです。

  • Excel形式
  • Word形式
  • PDF形式

たいていの帳票システム開発において、すでに使用中の帳票デザインがあります。 そういった既存の帳票を作成した元のツールより、Create!Formが読み込み可能な ファイル形式(PDFファイル等)に変換してもらうと簡単に帳票デザインを 作成することが可能です。ExcelやWordで帳票出力を行っている場合は、 そのまま変換することも可能です。

これにより、既存の資源を有効活用し、帳票レイアウトの作成の手間を軽減できます。

PDFファイルの帳票をインポート

既存のPDFファイル、ページを指定して、変換ボタンをクリックするだけで Create!Formのフォームデザインファイルに変換します。

  • 以下の要素を取り込みます。

    • 用紙サイズ
    • 直線
    • 文字列

変換された線やフォントは別々のパーツとして取り込まれますので、 変換後に線幅を変えたり、フォントの文字列を編集することも簡単に行えます。
(ただし、スキャナで取り込んだPDF等、内部がイメージで構成されているPDFは取り込みできません。)

PDFファイルを入力データとして利用する場合については、以下に掲載しております。
機能詳細『PDFオブジェクト』

Excelファイルの帳票をインポート

既存のExcelファイル、ページを指定して、変換ボタンをクリックするだけでCreate!Formのフォームデザインファイルに変換します。

  • 以下の要素を取り込みます。

    • 用紙サイズ
    • 罫線
    • テキスト
    • 塗りつぶし
    • 結合セル
    • 縮尺

取り込み処理が完了したら、データを差し込む領域を定義して、帳票フォームを完成させます。

変数部分は、変数にしたいオブジェクトを選択し、「種別変換」メニューより 「テキスト変数」に変換するだけで簡単に作成できます。

Wordファイルの帳票をインポート

既存のWordファイル、ページを指定して、変換ボタンをクリックするだけでCreate!Formのフォームデザインファイルに変換します。

  • 以下の要素を取り込みます。

    • 用紙サイズ
    • 罫線
    • 文字列

機能一覧へもどる