Excelファイルを出力

Create!Formでは、Microsoft Excelで作成した帳票のレイアウト上に変数項目を定義することで、CSVファイルやDBから動的なデータを差し込んでExcelファイルに出力します。

帳票レイアウト作成と変数定義

Excel帳票出力-Create!Form変数定義

変数項目の定義はExcelファイル上で行います。セルや図形のテキスト、テーブル、グラフ、画像といったオブジェクトの値にCreate!Formの変数名(接頭辞 + 変数名)を入れます。その変数項目に対し、帳票設計開発ツール「Create!Form Design」のデータマップ機能でデータとのマッピング(紐付け)を行います。

Excelで作成した関数、マクロ、グラフなどExcel固有の機能情報は、ランタイムの出力後にも反映されるため、二次加工や追記など自由に編集することができます。

用途に応じた帳票の種類

Excel帳票出力ランタイム「Create!Form Expage」では、Excelの機能をそのまま利用しつつ、データ量に応じて表を伸長する可変帳票や、改ページ単位でExcelシートを追加する固定帳票を出力することが出来ます。

データ量に応じて表が伸長する可変帳票

Excelの中にテーブル(表)がある場合、Excelのページ設定された行数を1ページ分とみなし、1つのシート内で改ページを挿入します。明細帳票などデータの行数に合わせて明細行を自動的に伸長する可変帳票を出力することが可能です。(※テーブル(表)は1つのみ)

【Excelテンプレート】

Excel帳票のテンプレート

【Excel帳票の出力結果】

Excel帳票の出力結果(可変帳票)

改ページごとにExcelシートを追加する固定帳票

Excelの中にテーブル(表)が無い固定帳票では、1つのExcelファイルで改ページごとにシートをの追加(切り替え)を行い、各シートごとに1ページ単票のレイアウトを出力します。

複数のレイアウトを出力するマルチフォーム帳票

複数種類のレイアウトを組み合わせて一つの帳票とするマルチフォーム帳票を1ジョブで出力します。

【Excelテンプレート(複数シート)】

Excelテンプレート(複数ファイル)

【Excel帳票の出力結果】

Excel帳票の出力結果(マルチフォーム)

Excelファイルを利用したソリューションについては、以下の関連記事をご覧ください。

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ