印刷データ暗号化転送

Webクライアント印刷機能では、サーバー上で生成した印刷データをクライアント側に転送し印刷します。
しかし、サーバー、クライアント間の印刷データ転送の際、第3者がデータを盗み見することができてしまう可能性があります。

Create!Formには、印刷データ暗号化機能があります。
暗号化アルゴリズムは、RSA公開鍵暗号化方式を利用しています。
(RSA暗号は、インターネットでも広く利用されPKIの基本技術になっています。)

暗号化鍵は印刷実行の度に生成されますので、常に鍵は変更されます。
また、生成された暗号鍵は自動で保持され利用されるため、ユーザーが鍵の管理や暗号化されていることを意識せずに安全な印刷実行を実現できます。

機能一覧へもどる