文字コード

データファイルに指定できる文字コードは、OS、データ形式によって異なります。

データ形式の種類は以下の通りです。

  • Text
  • CSV
  • XML
  • データベース

Windows

Text・CSVデータソースを利用の場合

  • SJIS
  • UTF-16(※1)
  • UTF-8(※1)

DBデータソースを利用の場合

  • (ODBC) SJIS
  • (Oracle) SJIS

XMLデータソースを利用の場合

  • SJIS
  • UTF-16(※1)
  • UTF-8(※1)

UNIX、Linux

Text・CSVデータソースを利用の場合

  • SJIS
  • EUC
  • UTF-16(※1)
  • UTF-8(※1)

DBデータソースを利用の場合

  • (Oracle) SJIS、EUC

XMLデータソースを利用の場合

  • UTF-16(※1)
  • UTF-8(※1)

※1 UTF-16/8は、JIS第1水準文字、JIS第2水準文字、拡張文字(IBM拡張文字・NEC特殊文字・NEC選定IBM拡張文字)が使用可能です。Create!Form Cast、Create!Form PrintStageの場合、JIS第3水準文字、JIS第4水準文字も使用可能です。

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ