Linuxにおける帳票出力

Webシステム Linux

Linuxの帳票

LinuxでのPDF作成

Linux上のシステムからPDFを作成する環境やツールもさまざまなものが登場してきています。 簡易なPDF作成方法としては、例えばPHP言語から標準のPDF関数の呼出や、PDFライブラリのAPIなどプログラミングでPDFを作成する方法です。 また他の方法として、TeXなど他のフォーマットで作成したファイルをPDFに変換するソフトも存在します。 簡易なデザインのPDFなら簡単に作成できるようになってきています。

Linuxでの印刷

Linux上での印刷に関しては、そう簡単ではありません。 Linuxには、一般化されたWindowsのプリンタードライバーのような仕組みがないためです。主流となっている印刷方法は、PostScript形式(PS)による印刷です。 PS形式とはアドビシステムズが開発したページ記述言語で、この形式に対応したプリンターはメーカーを問わず販売されています。 このPS形式の印刷データを作成してPSプリンターへ出力する方法が最も実績のある方法となります。

Linuxでの印刷処理の仕組み

  1. 印刷データを印刷コマンド lpr で印刷。(印刷先は予め定義されているプリンター定義)
  2. プリンター定義のプリントキューに溜められます。
  3. printcap に設定されたプリントフィルターによってプリンター用印刷データに変換。
  4. printcap に設定されたプリンタデバイスへプリンター用印刷データが出力されます。

また、最近の流れとしてPDF対応プリンターも少しずつ販売され、徐々にPDFファイルを直接印刷できるようにもなってきています。

Create!Formの帳票出力の仕組み

Create!Formは、数少ないLinuxのネイティブで動作する帳票ソフトウェアであり、帳票印刷、帳票PDFの生成を安定して行えるソフトウェアとして多くの実績と共に ご評価いただいております。 以下ではその特徴について簡単に説明します。

Create!FormによるLinux帳票出力

Linuxでの帳票印刷処理の仕組みは以下の通りになります。

  1. 帳票印刷するデータを作成、出力します。
  2. Create!Form Cast(印刷の場合はCreate!Form Print)を実行して帳票印刷データを出力します。
  3. 帳票印刷データを印刷コマンド lpr で印刷します。(2と3をシェル記述にして実行)
  4. プリンター定義のプリントキューに溜められます。
  5. printcap にはプリントフィルターは登録しないで(スルーさせて)使用します。
  6. printcap に設定されたプリンターデバイスへプリンター用印刷データが出力されます。

※PDFを使用する場合
出力するプリンターがPDFファイルを印刷データとして使用できる場合、 Create!Form Cast (PDF出力用ランタイム)を使用して、Print を Cast に置き換えることで利用できます。 これは、PDFを表示用と印刷用に共用できることになります。

デモのご依頼、製品・機能について、お気軽にお問い合わせください Create!Formの利用イメージをご体験ください

  • QMS
  • ISMS
Copyright © Infotec,Inc.
Copyright © Infotec,Inc.

ページTOPへ